タレに付け込んでじっくり焼いた骨付き豚バラ肉

土井ハムのスペアリブ

土井ハムの人気商品のひとつ、スペアリブ。

 

三温糖を使ったコクのある甘辛さがクセになる、
九州長崎産濃い口しょう油ダレに付け込んで
じっくりと直火で焼いた骨付き豚バラ肉です。

 

焼き立て販売の場合だと、毎回30分程度で
500個が売切れてしまうという人気商品。

 

おいしく食べるコツは湯煎が一番

土井ハムのスペアリブ袋入り

通販購入の場合は、袋に入った状態での購入です。
おいしく食べるコツは湯煎が一番です。

 

電子レンジや、直火で焼くとうまい脂が落ちてしまって、
お肉が硬くなることがあるので注意が必要。

 

おいしく食べるには、袋のままのスペアリブを、
約80℃で湯煎し5分ほど置きます。
(※このとき火は止めてください。沸騰は禁止です。)
焼き立てに近い味わいが楽しめます。

 

その後袋から出してそのまま丸かじりで食べてもOK.
香ばしさを増したいときは強火で表面をさっと炙るだけでOKです。
(※長く焼くとお肉が硬くなるので注意。)

 

たまにやるバーベキューでもスペアリブは人気のメニューですが、
自分でおいしく調理するのはなかなか難しい肉料理だと感じています。
スペアリブの赤ワイン煮や、スペアリブのスープかリーなんかも、
いいダシが出るので時々作りますね。

 

でも、スペアリブのおいしさの決め手はやっぱりお肉とタレかなと思うので、
土井ハムのスペアリブのようにしっかりとタレに漬け込んだ骨付きの豚バラ肉は、
やっぱりそのまま丸かじりで食べるのが一番おいしいかなと思います。

 

土井ハム販売店公式通販

 

土井ハムトップページへ